株式会社えむぼま

トップページ > AWSソリューション 事例紹介 株式会社エコグリーン様

AWSソリューション 事例紹介 株式会社エコグリーン様

AWSとIoTの組み合わせで、身近な古紙リサイクル

まとめ
「NTTPCの閉域モバイルVPNを利用して、ポイント付与方式の
古紙回収データをAWSに集約、一括管理で円滑なIoTサービスを実現」

課 題
従来は、50拠点以上の古紙回収拠点のデータを分散管理
1日1回のバッチによる集計メールのみで、リアルタイムの把握が困難
監視カメラ画像を利用した不正対策等の新機能対応が困難
目 標
リアルタイム運用で、御客様サポート充実による回収量増加
一括管理による回収業者の管理業務の効率化
利用実績と監視カメラ画像の連動等、新サービスの実現

株式会社エコグリーン様では、主に兵庫県、中国、四国、九州の西日本エリアにおいてQRコードを記載したポイントカードによる「無人古紙回収システム」を、10年以上にわたり運営されています。

この「無人古紙回収システム」は、スーパーやホームセンターの駐車場に設置した端末を古紙等を持参した来訪者が操作することにより、古紙等の重量に応じてポイントを付与する仕組みです。
付与されたポイントに応じて商品券等に交換することで、来訪者の利用を促進されています。

モバイルインターネットを活用して遠隔管理する仕組みは、IoTの先駆けとして多数のメディアに取り上げられて、各店舗において、1000人を超える利用者を抱えており「お得なエコ」として、古紙等のリサイクルを実現されています。

従来は、各店舗ごとに単独運営されており、日々の回収重量は、バッチ処理により古紙回収業者にメールで送付される仕組みでした。
しかし、設置台数の増加に伴い、従来の仕組みでは運用の手間が肥大化し、店舗を回る古紙回収業者からは、「複数店舗の古紙を同じトラックで回収できる」よう、集約データ管理の改善要望が出ていました。
また、利用者の増加に伴い、「操作に不慣れな利用者様のサポート」や、「不法投棄の監視」等、あらたなニーズも顕著になっていました。

これに加えて、モバイルインターネットを利用する当初の仕組みでは、セキュリティ面の不安があること、回線速度が遅い3G回線であったため遠隔でのやりとりに限界があることから、システムの全面的な刷新が求められていました。

そこで、店舗に設置された古紙回収システムのネットワークを、NTTPCの閉域モバイルVPNである「Master'sONE®」に切り替えてセキュリティ面を強化。
端末はLTEで高速化・大容量化して、リアルタイムにデータ収集できる仕組みに一新。
監視カメラはデータ蓄積型からネットワーク型に変更することで、回収データのみならず、画像データもリアルタイムで収集可能となりました。

データを収集するサーバーは、信頼性の高い「AWS」に乗り換え、「EC2」を利用した新たな管理サーバに集約。
画像データは「S3」に蓄積してデータレイク化することで、利用データと画像データを突合可能なシステムに刷新されました。

これにより、利用者のサポートにおいては、データの一括管理によるスムーズな応対を実現。
古紙回収業者においても、自社のインターネット環境から専用ページにアクセスすることにより、詳細な回収情報と、最新のカメラ画像が確認でき、円滑な回収業務を実現されました。

今後は、古紙回収システムの利用者が、直接ポイントを確認できる仕組みを導入されるとともに設置店舗と連携した各種サービスを提供される予定とのことです。
併せて、システムの安定運用に欠かせない監視と復旧作業を自動化し、利用者の利便性を向上させることで、さらなる回収量の増加と、新店舗の展開を推進されるとのことです。

株式会社エコグリーン様